1. TOP > 
  2. 仕合わせの和

仕合わせの和とは…?

 なかなか直接お会いできない檀信徒の皆様へ、“真成寺の呼吸が届きますように”という願いをもって始めたのが『人生ハンド仏句』の創刊でした。
 平成28年5月より『仕合わせの和』としてリニューアルいたしました。
 このページでは、仕合わせの和(人生ハンド仏句)を閲覧して下さる皆様の、よりよい生活の為の糧になれば幸いです。どうかジックリご堪能下さいませ。


令和2年7月
【第220号】
【住  職】コロナから学ぶもの
【副住職】祈りある人生(後編)
  令和2年6月
【第219号】
【住  職】コロナ禍の中で
【副住職】祈りある人生(前編)
  令和2年5月
【第218号】
【住  職】コロナウイルスに負けない心
【副住職】何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ
  令和2年4月
【第217号】
【住  職】釈尊・御降誕会
【副住職】花の咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ
  令和2年3月
【第216号】
【住  職】恩師の教えから
【副住職】「心」と「現実」の順番を変えると、豊かな人生になります
  令和2年2月
【第215号】
【住  職】喪中ハガキ
【副住職】自律した人生を歩みましょう
  令和2年1月
【第214号】
【住  職】世界平和への願い
【副住職】人生とは、今を生きること
  令和元年12月
【第213号】
【住  職】二千ヶ寺参りを目指して
【副住職】OneTeam ワンチームの思い新たに
  令和元年11月
【第212号】
【住  職】祖廟輪番奉仕とは?
【副住職】精いっぱい、楽しんで
  令和元年10月
【第211号】
【住  職】日蓮大聖人ご降誕の意義
【副住職】謙虚に、感謝して
  令和元年9月
【第210号】
【住  職】身延山参拝の意義
【副住職】今更聞けない仏事の話(2)
  令和元年8月
【第209号】
【住  職】心の中に、お題目の種を
【副住職】今さら聞けない『お盆』の作法
  令和元年7月
【第208号】
【住  職】観音様は何を観る
【副住職】いのち生かされる魂の祈り【後編】
  令和元年6月
【第207号】
【住  職】六根
【副住職】いのち生かされる魂の祈り【前編】
  令和元年5月
【第206号】
【住  職】物の「いのち」に感謝
【副住職】六波羅蜜が成仏の基本
  平成31年4月
【第205号】
【住  職】お題目との結縁
【副住職】自他ともに幸せになるために
  平成31年3月
【第204号】
【住  職】お彼岸を迎えて
【副住職】今さら聞けない仏事の話
  平成31年2月
【第203号】
【住  職】生老病死と向き合う
【副住職】世界人類共通「魂」の輝き
  平成31年1月
【第202号】
【住  職】仏様の教え お釈迦様(おしゃかさま=釈尊)出世の本懐
【副住職】一念一念のつみかさね



PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない場合はこちらからダウンロードしてください。