第12回冬至水行祭・ほしまつり ご報告

第12回 令和元年12月15日(日)開催

「早朝」「午前」「日中」「夜間」の4部門/総勢199名

総勢199名(内、初参加62名)による、令和最初の「第12回 冬至水行祭・ほしまつり」は、無事盛会裏に修めることができました。

終えてみて今感じる率直な気持ちは、水行(禊)の奥深さ、素晴らしさ、魂の躍動、それは人間が元々備えている命の根源に触れること、生かされているということ、だから12回も続いている事実。
どんな言葉を並べても表現しきれない感動体験が『冬至水行祭・ほしまつり』にはあるということ。

一人で粛々と続ける水行とは趣がまるで違う…。
行じる者と見守る者との、いわば魂の交流。
その場に居合わせた人が感じている命の鼓動。
人は一人では生きていない、生きていけないという実感。

県内外と国内はもとより、昨年はアメリカの方、今年はロシアの方も水行に臨まれました。日本の伝統文化が外国の皆さまにも浸透していけば何より幸いです。

水行に臨まれた皆様をはじめ、裏方でご尽力いただきましたスタッフ実行委員皆様の真心には、心より感謝と敬意を表し御礼を申し上げます。
来年度の『第13回 冬至水行祭・ほしまつり』は、令和2年12月20日(第三日曜日)に開催を予定しております。
初めての方も、毎年ご参加くださる方々も、次回、お会いできることを心待ちにしております。

【お願い】
●個々で当日の画像を投稿される際には、是非とも以下のタグ付けをしていただけれけば幸いです。
#冬至水行祭 #真成寺 

【本年の水行開催実績】
総勢:199名
▼部門別
・早朝の部 1組 計15名
・午前の部 5組 計67名
・日中の部 6組 計75名
・夜間の部 3組 計42名
 総合計 199名
(上記の内)
初参加:62名
▼12回皆勤:2名
▼最高齢:男性84歳 女性83歳
▼最年少:男児 9歳 女児 4歳
▼区分別
◯個人(年齢、性別、職業、地域、国籍不問)
◯団体
・「正道会館正天會」の皆様
・「ミュージカルカンパニーWOZ」の皆様
・「呉羽高校野球部」の皆様
・「雄山高校野球部」の皆様
・「日本生命保険相互会社」の皆様
・「じゅうべいカイロプラクティックグルー プ」の皆様
・「みずほ證券株式会社」の皆様
・「〈芋かいもち〉源七」の皆様
・「市役所職員」の皆様
・「市議会議員」の皆様
・「魚津商工会議所青年部」の皆様
・「新川青年会議所」の皆様
・「スペランザUOZU」の皆様
・県内外から結集された家族・個人の皆様  他
◯ご協力頂いた僧侶の皆様
・本田義昌 上人
・大場唯央 上人
・篠田教弘 上人
・伊藤維光 上人
・布谷海鳳 上人
・高野本亘 上人
・櫻栄亮介 上人
・池内義光 上人
・串田教良 上人

【水行の勧めと3つの意義】
@生かされている命に気づく……「命の黄泉帰り(よみがえり・蘇り)」
《日本の伝統文化。人間の生死の起源。神代につながる禊の物語》
A心のみそぎ……「感謝」と「反省」
《天皇陛下自ら心身を清める「御禊(ごけい)」を行う》
B人格形成……魂という仏性明徳(ぶっしょうめいとく)を磨く
《穢れ(ケガレ)を水行(すいぎょう)で禊祓(みそぎばら)いする》

第13回は…【令和2年12月20日(日)】開催予定

#真成寺
#冬至水行祭

【お問合せ先】
冬至水行祭・ほしまつり実行委員会
富山県魚津市真成寺町4-6 真成寺内
Tel.0765-22-2268(AM9:00〜PM9:00)
E-mail : nbmkanjp@yahoo.co.jp


【第12回冬至水行祭・ほしまつり】ダイジェスト版

https://youtu.be/XqlvmKrKcms