1. TOP > 
  2. 豆知識 > 
  3. 宗教用語について
宗教用語について

縁起

 「縁によりて起こるできごと」という意味です。つまり苦しみも喜びも、何らかの原因や条件(因縁)によって起こる因果応報ということです。「人の悪口を言う人には、人の悪口に泣くことになります。日頃から人に親切にしていれば、必ず親切が戻ってきます」。


初七日

 仏教的では、お亡くなりになられた方が、三途の川のほとりに到着される日とされています。死後七日目に閻魔大王様の裁判により、亡くなった方が川の激流か、急流か、暖流のいずれかを渡るかが決定されるといいます。亡くなった故人が無事に暖流を渡れるようにと願って営むのが「初七日法要」ということになります。


四十九日

 人の死後49日間のことを言います。前生までの報いが定まって、次の生に生まれ変わるまでの期間のことです。中有(中陰)とも言います。
 ちなみに77日忌(49日)を満中陰と言います。


黄泉

 私達の死後、魂が向かう場所とされています。「冥土」や「よみの国」と同義です。


加持

 はじめは真言密教で、仏様の大悲の力と衆生の信心が相応ずる(感応同交)ことを言いました。日蓮聖人は密教の加持を、法華経の木剣加持祈祷に発展させ、私達に伝承されています。神仏の力が行者(修行者)の祈る念に加えられて、神仏私達の祈りが一体となることで、災いを除き、願いが叶えられるという事です。


帰依

 神仏や高僧、あるいはその教えを信じて、無我の気持ちで、寄りすがることです。


六道

 生きとし生ける全ての衆生が、生死を繰り返すという6つの世界の事です。六趣や六界と同義です。迷いのない浄土に対して、いまだ迷いが満ちている世界(娑婆=私達の住むこの世界)という表現をします。地獄界(道)・餓鬼界(道)・畜生界(道)・修羅界(道)・人間界(道)・天上界(道)の6つの世界の事です。
 地獄・餓鬼・畜生の3つを「三悪道」と言い、修羅・人間・天上の3つを「三善道」と申します。


地獄界(道)

 六道の最下の世界です。現世に悪業をなした者がその報いとして死後に苦果を受ける世界です。
 閻魔大王様が、死者の生前の罪業を審判して、それに応じて私達が次に進む世界が分別されます。そして最下の世界「地獄界」には、八大地獄や八寒地獄、あるいは無間地獄など多くの種類があるとされています。


餓鬼道(道)

 やせ細って、のどが細く飲食をすることが出来ないなど、常に飢渇(飢えと渇き)に苦しむ世界です。


畜生道(道)

 「畜生」とは、人間に養われて生きているものの意味です。生前に悪行をなした者が、禽獣の姿に生まれて苦しむ世界です。人倫上許しがたい間柄での色情の意味もあります。


修羅道(道)

 修羅は阿修羅の意味で、争い事が絶えない世界のことです。


人間界(道)

 私達の住む世界、人間として存在する世界のことです。人界とも申します。


天上界(道)

 天上とは仏教で、天人の世界を言います。天空にあって、神仏または天人・天使が住み、清浄であるという想像上の世界の事です。死後人間の霊魂がここに昇ると信じられている場所です。天国や天道や天界と同義です。


五蘊

 私達衆生を構成する物質的・精神的5つの要素を収めていることであり、詳しくは色・受・想・行・識の総称です。
 「色」は物質および肉体のこと。「受」は感受作用のこと。「想」は表象作用のこと。「行」は意志・記憶などのこと。「識」は認識作用。意識のことです。全ての存在は五蘊から成り立っており、それ故に無常、無我であると説かれている。旧訳では五陰と言っていた。


五穀

 私達の主食となる代表的な五種類の穀類のことです。日本では“米・麦・粟・黍(稗)・豆”の5つを言います。


卒塔婆(お塔婆)

 先祖供養や追善法要の為に、お墓やお堂立てる、上部を塔形にした細長い板のことです。御先祖様の戒名や経文「南無妙法蓮華経」などを記します。


塔頭(塔中とも書きます)

 もともとは高僧の塔がある場所、あるいはその塔をつかさどる僧侶の事を指していました。転じて現在では一山内にある小寺院のことや、大寺の所属する別坊、子院・脇寺を指すようになりました。


智慧・知恵

 空など仏教の真理に即して正しく物事を認識し判断する能力のことです。つまり、事の道理や筋道をわきまえ、正しく判断する心のはたらきを指します。
 智慧と知恵の違いは、まず文字が違います。それもそうですが、そもそもの意味合いが違うと認識しております。まず「知恵」は私達がよく使用する方の文字ですね。これは“損得勘定を判断する時に使う知恵”ということです。そして気になる「智慧」の方ですね。実はこちらの「智慧」が大事なのです。この「智慧」は、“善悪を判断する時に使う智慧”という違いを区別して頭に入れておくことで、その場その時の、チエの出所が変わってきますよ。


廃仏毀釈(排仏棄釈)

 祭政一致をスローガンとする政府の神道国家政策・神仏分離政策によって起こった仏教排斥運動のことです。仏法を廃し、お釈迦様の教え(仏教全般)を棄却するという運動です。1868年(慶応4年=明治元年)、神仏分離令などの神道国教化政策の下で、神道化などを中心に各地で寺院・仏像・仏具・仏典の破壊や僧侶の還俗強制などが起きた。


 身体に罪や穢れのある時や、重大な神事仏事などに従う前に、海や川の水で身体を清めて、罪や穢れを洗い流すことです。


禊祓=大祓

 古来、6月と12月の晦日に、親王以下在京の百官を朱雀門前の広場に集めて、万民の罪や穢れを祓った神事でした。現在も宮中をはじめ全国各神社で行われております。


神社本庁

 昭和21(1946)年2月3日、全国神社の総意により設立されました。国家神道廃しに伴い設立された、神社神道の宗教団体です。全国神社の大半を組織されています。


総社(惣社)

 参拝の便宜の為に、数社の祭神を1ヶ所に総合して勧請された神社の事です。一国の総社のほか、寺院・荘園の総社などがあります。


大社

 古くは社格を大・中・小に分けた第1位の神社です。島根県『出雲大社』の略とも言われています。


中社

 社格を3等分に分けた第2の神社です。いわゆる中間にある社殿のことです。


別表神社

 戦後公的社格が廃止された為に、神社本庁が特に著名な神社を「別表神社」として位置づけました。ただしこれは、社格序列ではなくて、あくまでも神職の人事上に関わる位置づけとされています。


菩提寺(檀那寺)

 一家が先祖代々が帰依信仰して、お墓を安置し、葬式や追善供養(法事)などを営むお寺のことを「菩提寺」と言います。菩提寺の“菩提”とは、悟り目覚めるを意味する、サンスクリット語の漢字を当てて菩提としました。
 悟り目覚める為に建立されたお寺を「菩提寺」と呼び、家族や親類、また縁の深かった知人友人を、仏様のように真理に気付かせていただけますようにとの切なる願いによって建てられたお寺の事と言えます。


仏教

 インドのお釈迦様(仏陀)を開祖とする世界宗教の1つです。紀元前5世紀(他説あり6世紀とも)に、インドのお釈迦様が、四諦の真理に目覚め、八正道の実践を行う事によって、苦悩から解放された涅槃の境地を目指す教えです。苦しみ迷いの世界である現実目の前の娑婆世界において、苦行にも偏らない「中道」という正しい実践方法により、各地の文化や信仰と融合しながら、東南アジア、東アジア、チベットなどに、それぞれ独自の形態を発展させて、多様な信仰に展開しています。


四諦

 お釈迦様が悟られた、4つの真理の意味です。つまり「苦諦」「集諦」「滅諦」「道諦」の総称です。『十二縁起』と並ぶ仏教の根本教理です。『四聖諦』とも言います。


八正道(八聖道)

 お釈迦様が最初にお説きになられた根本的な教えの1つです。涅槃にいたるための8つの正しい行いのことです。正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定、すなわち正しい見解、決意、言葉、行為、生活、努力、思念、瞑想の事を意味します。


四有

 1つの生命が経る4つの段階のことです。霊魂が肉体を持ってこの世に出現する瞬間を「生有」。生存している状態を「本有」。命が亡くなる瞬間を「死有」。次の生命を得るまでの状態を「中有(中陰)」と言います。※「中有を彷徨う」など。


初七日

 死者が三途の川に到着する日とされ、死後七日目に閻魔大王様の裁判によって急流、暖流などを渡るかが決定されるとされています。死者が無事に暖流を渡れるようにと願い営むのが「初七日法要」ということになります。


お盆

 お盆は元々旧暦の7月15日を中心とした行事だったのですが、現在は8月13日〜16日というのが一般的です。盆の入り(13日)の夕方、家の前で火を焚き祖先の霊を迎える事を「迎火」と言います。盆明け(16日)の夕方に火を焚いて祖先の霊を帰す事を「送火」と言います。またお盆と言えば「精霊流し」です。船にしつらえた灯籠を、川や海へ流し、この灯籠と一緒に盆に迎えた先祖の霊をお送りする行事です。「盆踊」は、お盆に帰ってきた先祖の霊を慰めるために、鐘や太鼓をたたいて念仏を唱えながら踊った踊りの事です。


新盆(初盆)

 家族、友人知人など、どなたかが亡くなったあと、初めて迎えるお盆の事を「新盆」とか「初盆」と言います。


精霊棚

 安らかな成仏してほしいという祈りと、生前のご恩に対する感謝の気持ちを込めた、真心のこもった先祖供養の表し方です。お盆中は提灯を付け、ローソクや線香を絶やさず献じたりします。


お墓参り

 お墓は先祖や故人のためのお家で、そのお家が浄らかな浄土として維持し続けるためには、お参りを続けることが欠かせません。お墓への御供養については、お線香の上げ方や戒名の唱え方、あるいは合掌の仕方など、各宗派によって違いがありますが一般的にはお線香やお供物を献じます。