1. TOP > 
  2. 豆知識 > 
  3. 七福神について
七福神について

恵比寿神

 七福神の神様は、そのどれもがインド、中国を起源とする神様達です。しかし、その中にあって、唯一「純国産」の神様が「えべっさん」こと恵比寿神なのです。その恵比寿神は、イザナギ、イザナミの尊の大三子にあたる蛭子尊であるとされています。烏帽子を頭に、狩衣を身につけ、右手には釣竿、左手にはタイという出で立ちです。
 そんな恵比寿神は元々、漁業の神であった恵比寿さんは、次第に福の神としての性質も帯びてきます。「夷・大黒」などと親しまれている様に、「商売繁盛の神様」として信仰されるています。今現在でも、「商売繁盛でささもってこ〜い!」などといったフレーズでおなじみであります。


大黒尊天

 頭巾を頭に被り、打ちでの小槌と大きい袋を片手に、米俵の上に座っておられます。ニコニコ笑顔の大黒尊天は、豊作の神様、お家の神様、そして福徳の神様として、打ちでの小槌から私達の望みのモノを出してくれるという、大変ありがたい神様です。しかし、元々は戦争神様だったのです。
 実は、大黒天信仰には2つの流れがあって、1つは「大国主命」とするもの。もう一つは、インドのヒンドゥー教の神様に挙げられておられる「シヴァ神」の別名という説です。「シヴァ」とは日本語で、「大きい・黒の」という意味に訳され、そこから闇の破壊神という怒りの神様と称するようになりました。それが仏教に取り込まれて時代と共に、いつしか招福の神様となり、怒りの形相は消えて笑顔の神様となりました。この頃には、台所や、財宝、食料を司る神様としての性質のみが強調されるようになっていたようです。
 室町時代頃に、「大国」と「大黒」の読みが似ている所から、二つの神様が次第に一つの神様のような性質となってゆき、ついには今現在のような姿になりました。


毘沙門天

 毘沙門天の身には甲冑をつけ、手にはヤリをもっているその勇ましい姿から想像がつくように、毘沙門天は軍神です。毘沙門天は、お釈迦様のの道場でいつも説法を聞いていたことから、「多聞天」とも呼ばれております。また、戦勝を祈願する神様としてもあがめられました。更には、財を授けるというその功徳から「施財天」とも呼ばれる事もあります。日本に伝わってからは、戦勝祈願、仏教守護という性質から、国土守護の軍神として多くの武将の間でも信仰されるようになりました。
 毘沙門天は、インドの財宝神「クベーラ」の別名であるという説があります。そのため、宝物、財物、幸運などを恵む神様としても広く信仰を集めていますし、現在の七福神内の毘沙門天は、そういった性質が強く表れている様なのです。


弁財天

 七福神の神様の中で、紅一点「弁財天」は女性の神様です。琵琶を抱いて座っている姿が一般的です。弁財天はサンスクリットで「サラスヴァティー」という、水・河の女神です。その姿は美しく、絶世の美女とされ、「梵天」(ブラフマン=ヒンドゥー教・河の神様)の配偶神でした。水の流れは昔から話術や音楽などにたとえられ、そこから音楽、弁舌、才知の神様として親しまれるようになりました。
 ちなみに弁財天は、もともと“弁才天”という字が使われていました。それが仏教の神に選ばれてから、才知・弁舌の神様とされて、日本に伝来した時には、「弁才天」の字が使われていたのです。
 しかし、弁才天について語られている「金光明経」によると、財宝、美を恵むという「吉祥天(功徳天)」が「弁才天」と並び語られており、そこから吉祥天と弁才天の性格が混ざって「弁才天→弁財天」となったようです。「弁財天」は、財宝を施す福の神様だけではなく、弁舌、学問、音楽など、芸術の神としての功徳も今に受け継いでいます。


福禄寿

 頭が長くて、白くて長いヒゲをたくわえている容姿です。「福禄寿」は杖を片手に、腰にひょうたんを付け、白い鶴(亀の場合もある。共に“長寿の象徴”)をお供に従えています。福禄寿は、その名前が示すとおりに、「福=(幸福)」、「禄=(幸運、身分)」、「寿=(寿命)」を表しており、中国においては人生の三大目的といわれています。これらを備えた「福禄寿」は、長寿の神様としてだけではなく、人徳の神様としてもあがめられています。また「七福神伝記」によると、南十字星の化身、南極老人の化身である、ということです。年齢は数千歳といわれ、めでたい七福神の中にあって福徳延命、長寿を授ける神様が「福禄寿」の功徳です。


寿老人

 「寿老人」は中国は『道教』の神様です。その姿は、長い頭に白くて長い立派はヒゲ、人間の寿命を記した巻物を杖にぶら下げています。寿老人と福禄寿は似ていますが、その違いと言えば、「福禄寿」は鶴(または亀)と連れているのに対し、「寿老人」は鹿をお供にしています。比較検討してみると、「福禄寿」と「寿老人」はどうやら、中国から日本に伝わった際、2人に分けて理解されてしまったようで…つまり二人は同一人物だったのです。中国の民族宗教=『道教』で2人は同一人物で、「同体異名」ともいうべき神様だったのです。「寿老人」のご利益は「福禄寿」と同じで、“長寿”の神様です。


布袋尊

 立派なお腹の太鼓腹に、大きな福耳、上半身は半裸に近く、大きな袋を肩にかついでおられます。まさに福の神様で、その功徳は“福徳円満”ということになります。
 「布袋尊」には実在の人物がモデルになっているのです。それが十世紀頃の中国の禅僧、「契此」とい高僧なのです。契此は、常に半裸で、大きな布の袋を肩に担ぎ(そこから「」布袋」と呼ばれる様になったのです)、その中に物乞をして手に入れた食物を蓄えたり、必需品を一緒にいれ、放浪していました。契此にはその外見からは想像もできないような不思議な能力をもっていたというのです。例えば、雪中に寝ても雪をかぶらず、体も濡れず、天気の予測も百発百中で命中させたといいます。また、吉凶の占いを得意とし、多くの人々から信用を集め、親しみを込めて愛されるようになられていたそうです。こういう伝説から、中国では布袋尊は弥勒菩薩の化身として尊崇されたのでした。