記念オリジナル手ぬぐい(35cm×90cm)




直売チケットを購入されると、もれなく「手ぬぐい(※黒一色タイプ)」をプレゼント!(タオルではありません!)
(会期中は、会場にて有料販売)
また「五色」タイプは、とても・超・プレミアムの「限定50本・先着順」と会期中、会場にて扱わせていただきます。
予約は承っておりませんので、御了承ください。

<図柄について>
▼「龍神様」
真成寺本堂の天井画。
昭和31年「魚津の大火災」の際に、龍神様が神風を吹かせて、本堂の火災が免れたという伝説があります。

▼「五色」
仏教には、「仏旗」というものがあり、世界の仏教徒のシンボルとして定められています。仏旗は、青、黄、赤、白、橙の五色(ごしき)で構成されており、如来の精神や智慧をこの五色で表わしています。

▼「自我偈」(背景の御経)
多くの仏教経典がありますが、法華経において最も要になるのが「自我偈」です。如来寿量品第十六の偈文(詩句)が「自我得佛来」から始まるので「自我偈」と言います。

▼「丸柄」
「日が出る(右)」と「日が入る(左)」を表しています。これまでの500年、これからの500年も変わらず、お天道様が皆さんに光を照らしてくれますようにという願いが込められています。また「出」があってこその「入り」ではなかろうかという想いを反映させております。自然の摂理や生活習慣、またひとの心などを顧みたときに、出ることからはじまることがとても多いのではないでしょうか。
またこの二つの丸は、心眼を表しています。

【チケット情報に関する過去投稿】
https://www.facebook.com/shinjoji500th/photos/a.164281730778645.1073741828.163611660845652/208004113073073/


【お問合せ先】
玉蓮山真成寺 開創五百年祭実行委員会(真成寺内)
Tel.0765-22-2268


開創500年祭コンテンツ一覧
 ・ごあいさつ
 ・イベント情報
 ・チケット情報
 ・Takt 11月号でご紹介いただきました!
 ・「お稚児さん」募集中!
 ・締めの言葉