1. TOP > 
  2. 日蓮宗とは > 
  3. 日蓮宗とは?
日蓮宗とは?

 貞応元年(1222)、現在の千葉県は天津小湊に生を受けられた日蓮聖人を宗祖と仰ぎ、【法華経】の教えを根本経典とする宗派です。
 宗祖日蓮聖人は、16歳の時に清澄寺でご出家され、京都の比叡山などで研鑽をつまれ、膨大な仏教経典の中から【妙法蓮華経(以下「法華経」)】こそが、お釈迦様の真実の教えであると確信されました。日蓮聖人は【法華経】を世の人々に伝えんがために、「命を狙われる大難が四度、日々の小難は数知れず」と言われるほど多くの迫害に遭われながらも、世のため人のためにと、法華経の教えを実践し布教され、その慈愛に満ちた壮絶な61年の御生涯を閉じられました。


  ◆日蓮聖人略歴(1222〜1282)
1222 貞応元年 2月16日、千葉県安房郡小湊に生まれる。
幼名・善日麿と申す。
1233 天福元年 天台宗清澄寺に登り、虚空蔵菩薩に立願される。
1242 仁治3年 鎌倉遊学より戻り、さらに比叡山遊学の途につく。
1253 建長5年 4月28日、清澄山旭森にて立教開宗宣言。地頭に追われ鎌倉へ。
1259 正元元年 前年より岩本実相寺にて一切経を閲読。
天災地変の疑問を解決。
1260 文応元年 念仏者により鎌倉の草庵を焼き討ちされる。
(=松葉ヶ谷法難)
1261 弘長元年 幕府に捕らえられ5月12日に伊豆伊東へ配流。(=伊豆法難)
1264 文永元年 前年赦免され小湊に帰郷。地頭の襲撃で負傷。
(=小松原法難)
1271 文永8年 佐渡流罪の途中、相模龍の口で斬首されかける。
(=龍口法難)
1272 文永9年 佐渡塚原にて念仏者らと問答し、夏ごろ一谷へ移される。
1273 文永10年 大曼荼羅御本尊を初めて書き顕す。
1274 文永11年 赦免状が届き鎌倉へ。幕府に対し3度目の諌言。
身延山に隠棲。
1275 建治元年 以後、身延に腰を据え弟子信徒の育成に努める。
1276 建治2年 師匠である道善房の死去。墓前に「報恩抄」を捧げる。
1281 弘安4年 御草庵を大改造し、十間四面の大堂建立。病状悪化で衰弱が進む。
1282 弘安5年 常陸の湯に湯治のため下山。
途中10月13日、池上邸にて入滅。
日本の仏教・宗派の伝来と発展

仏教を奨励した聖徳太子

 日本に仏教が伝わったのは古墳・飛鳥時代(538年頃)、朝鮮半島の百済からでした。大和朝廷は、異国の宗教を公認するかどうかで意見が分かれ、仏を崇拝する崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏が争い(587年)、これに蘇我氏が勝利したことにより、仏教が朝廷に認められたことから日本で始まりました。
 日本に仏教を根づかせた立役者は聖徳太子で、「十七条の憲法」を制定(604年)し「仏教の国」を宣言しました。四天王寺や法隆寺なども建立し、遣隋使を派遣(607年)してどんどん仏教経典を取りよせ、仏教国としての基礎を固められました。仏教の教えにより国の文化を高め、国力を富ませていかれたのです。
 南部仏教から平安仏教へと、 奈良時代の仏教は天皇や貴族へ大ブームを迎え、災除や戦乱から逃れるための法会(法事)や御祈祷が盛んに行なわれたのです。
 一方、奈良のお寺ではインドや中国のさまざまな仏教の教理を学問として研究する南都仏教(奈良仏教)が形成され、中国(唐)から高僧・鑑真和上をお招きいたしました(742年)。鑑真和上は、僧侶に守るべきルール(戒律)を授け、国の公認を与える戒壇を東大寺に設置するなどして、仏教の発展に大きく寄与されましたが、国家の統制が厳しくなるにつて、民間信仰への仏教はあまり弘まらず、また国家の権力と深く結びついたため、政治に介入する僧侶も現れたりと、仏教界はだんだん腐敗の一途をたどりはじめました。
 平安時代794年に、都が平安京(京都)に移された頃、奈良のお寺との癒着が絶たれ、仏教界にも新風が吹きました。天台大師最澄が唐に渡り、帰国後、比叡山に天台宗を開宗なさいます。天台宗開宗により南都仏教からの独立を果たす事に成功し、また弘法大師空海も、唐で密教の秘法を学び、日本で真言宗を開かれました。天台宗と真言宗は共に日本国を守る仏教としての役割を果たしていきましたが、それだけではなく、授戒(=戒律を授ける)の権限を国家から取り戻し、民衆を救済する実践仏教の基礎をおつくりになられました。

鎌倉仏教の誕生

 平安時代末期になると、戦乱や災害が続き、民衆・貴族・僧侶達までも危機感を抱き、お釈迦様の教えの力を失う世相となり恐れおののいておりました。そんな時代背景もあり、鎌倉時代に入ると、仏様の教えにより、人民の心の危機を救済しよう志す聖者達が出現されることになります。
 そして次から次へと開宗されたのが、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗などです。以上を総称して「鎌倉仏教」と名づけられ、いづれの開祖様方は『比叡山』で研鑽され、仏様の教えを確立していかれたのでした。
 そんな仏教は、江戸時代になりますと、再び幕府の統制下に置かれることとなり、民衆に大きな影響力を持つようになったのです。各宗派ごとに本山・本寺が組織化され、またキリスト教の伝播を封じるために、全国の民衆を、いずれか宗派の、一お寺の檀家として登録させる「寺請制度(檀家制度)」が定めました。これよりお寺は、葬儀や供養を主体とする存在になって現在に至っております。

それぞれの宗派についてこちらをご覧ください。

日蓮宗の総本山

 山梨県にある『身延山久遠寺』が総本山であります。
 文永11年(274)に、日蓮聖人が庵を結んだことに始まり、やがて寺院としたものです。日蓮聖人は生前中「いづくにて死に候とも、墓をばみのぶのさわにせさせ候べく候」と仰っておられます。つまり日蓮聖人はご自身で、身延山にお墓を建立してほしいと、念願しておられました。お弟子達は日蓮聖人の願いを聞き入れて、身延山内には日蓮聖人の御廟所(お墓)もございます。初め西谷にありましたが、室町中期に身延山第11世日朝上人が現在の地に移転されました。日蓮宗は全国に約5300ヶ寺にも及びます。