1. TOP > 
  2. お寺の紹介 >
  3. 真成寺縁起
玉連山 真成寺の由来

 真成寺の御開山(お寺を開いた初代住職)は、慈光院日等上人という方です。日等上人は魚津市の東北4キロの大谷温泉の裏山にある大谷の郷に誕生されました。1を聞いて10を悟る神童と、幼少の頃より村人達から一目を置かれる存在でした。また、青年になった日等上人は日蓮宗の僧侶になる事を決意されました。南無阿弥陀仏の信仰が篤い魚津市において【法華経】“南無妙法蓮華経”こそが世の人々の心に光を灯す真実の教えであると悟られ、京都へと修行(行学の二道)の実践の為に向かわれた。
 その頃、京都で学徳兼備の名僧と尊敬をあつめておられた、日蓮宗本山妙覚寺第19世の日乾上人に弟子入りし、「真如房」と命名されました。「真如房」は、お師匠様である日乾上人について修行研鑽の日々を過ごされます。
 一意専心行学の二道(僧侶の修行)を励み、経験を積んだ真如房は久しぶりに魚津へ帰郷し、昔なつかしい村人達に【法華経】の法話実践と、御祈祷をして、その名を轟かせておられました。また時を同じくして、魚津市松倉城(鹿熊)の大家老、玉ノ池伊織が生命が危ぶまれる程の高熱にかかり、妻子は付近に安置される松の木明神に日参して病気平癒を祈願しておりました。
 ある夜のこと、妻子に「大谷の行者を招き加持祈祷をお願いせよ」と夢のお告げがありましたので、名声を轟かせておりました真如房を館に招き、病気平癒の御祈祷をして頂きました。すると霊験たちまち病魔を退散したのです。その事実に一族悉く日蓮宗に改宗し、城内の片隅に御草庵が建立されたのが真成寺の創建であります。
 その後、家老吉崎多聞の妻が難産で苦しんでいる時にも、真如房の御祈祷によって、難産が安産へと導き救われたのでした。両武士の感激は、いかばかりだったことでしょう。そんな両武士の寄進によって、大谷の郷に新寺が建立されたのでした。現在も寺屋敷の跡があり、近くに真如房(日等上人)の御廟(お墓)が建立され、日蓮宗ではない村人達からも、信仰の対象となり仰がれております。

真成寺の寺宝

『日蓮聖人御真筆の御曼荼羅御本尊』

 真成寺は正月元日から一週間だけ、書院の床に奉安する日蓮聖人御真筆の御曼荼羅本尊は、日蓮聖人佐渡3ヶ年の流罪から赦免になられて、鎌倉にお帰りの際お出迎えをされた舟守弥三郎に、文永11年3月15日に授与された御本尊との伝承がある御曼荼羅御本尊です。

『鎌倉時代作の日蓮聖人像』

 師匠である日乾上人より賜った鎌倉時代作の日蓮聖人像です。真成寺本堂内陣右手の御厨子の中に安置されており、毎月一日の朝のお勤め、ならびに正月三ヶ日のみ御開帳されます。

『“鍋かむり日親上人”御作の鬼子母神様』

 真成寺創建のきっかけとなりました鬼子母神様です。鍋かむり日親上人の御作と言われ、真成寺本堂内陣左手の大鬼子母神様の腹中御厨子の中に安置されております。大鬼子母神様の腹中御厨子は、毎月一日の朝のお勤め、ならびに正月三ヶ日に御開帳されます。また、霊的御祈祷などの際は、特例で御開帳させて頂いております。

『総本山身延山久遠寺法主猊下の御真筆御本尊』

 日等上人のお師匠様でもある日乾上人は、総本山身延山久遠寺の第21世法主(ご住職)にもなられた方で、そのご縁もあり、久遠寺法主第21世日乾上人、第22世日遠上人、第26世日暹上人らが認められた、御真筆の御曼荼羅御本尊も寺宝として祀られさせて頂いております。